鋼の錬金術師は泣かせる兄弟情愛のお喋りだ。

私は2001年から2010年と1ヶ月刊少年ガンガンで連載されていた鋼の錬金術師が好きです。如何なるお喋りかと言うと錬金術が存在する世界で女房を生き返らせる為にタブーと言われてる人人体錬成を行なうも、失敗してしまい体の一部を失った主人公の兄妹が自分陣の体の一部を取り返す為に決定的力を持っているという賢者の石を見つけ出す旅行に生じるのが筋道の発祥だ。種類がダークファンタジーでありグロテスクなシーンもありつつも洒落シーンも手広く、連載当初から人気を博し、コミックスも6000万部以外を売り上げ、これは1ヶ月距離漫画では不安定との事です。メディアミックス促進では奇抜エレメントを数多く含めた2003年アニメバージョン。シナリオ準拠を取り入れた2009年アニメバージョンが放映され、劇場バージョンも公開されました。また2017年夏には山田涼介主演で実写ムービーも公開されます。鋼の錬金術には個性豊かなカワイイ独創がいっぱいある。主人パブリックを助けるヒーローや協力して得る相棒陣、そして主人公達と敵対するホムンクルスという人造人間陣と色々な独創陣がいますが、多すぎるので主人公の兄妹陣を紹介したいと思います。まずは兄のエドワード?エルリック。亭主は味方と左側脚を失ってあり、ヒーローであり幼馴染のウィンリィが製作した機械鎧を装着してある。短気でひねくれてはいますが、義憤が著しく相棒気分の人物だ。身長が乏しいのが引け目ですが筋道後半では身長が伸びてきてある。結末回のウィンリィと繋がるときは必見です。次は弟のアルフォンス?エルリックだ。体のすべてを失ってあり、魂を鎧に定着させてある。もちろん人体が薄い結果鎧のの場合は空っぽだ。兄とは真別で平和で心優しいキャラクターをしてます。しかしどなたに対しても手厚く接してしまうが為に作品の場合では亭主に惚れる女性人柄が数多く、作品者から元来たらしと認定されてある。軽々しい経歴ではありますがこのようにお喋りと人柄にカワイイ鋼の錬金術師。漫画が実写化陥るのはあまり好きじゃない私からしたら恐れしかありませんが、期待して迎える先したいと思います。闇金から逃げるには?