争う少女のパイオニア!真の強さと美しさを有する本場美少女争い漫画

「ただし2人分の命、タダで持っていただけるとおもうなよ!!」
本日でこそ競り合う乙女戯画はめずらしくなくなりましたが…。
1980年費用、ガラスの外見と同時代に少年戯画にも引けを取らない戦う乙女たちを描いた戯画建物ちゃんがいました。それが和田慎二医師。特に『スケバン刑事』の麻宮サキは「戦う乙女」のリーダー。芯の強さと、悪を許さない激しい胸中。何度地獄の下に叩き落されようと抜け出る強さと、凛とした美しさを備えた乙女たちのお話だ。
序説の文句は、終焉試合の状態、悪役に「土下座すればお前も仲間の命も助けて講じるぞ?」と持ちかけられたときの、サキの啖呵だ。
ここまで芯の硬い、人をひきつける歓びを有する女子の中心人公を描き出せるのは、和田医師だけではないでしょうか?
しかも、連載当時は1970年費用。「ガラスの外見」と同時に連載開始した戯画だ。
それを考えると、某美少女戦士たちより20年も先駆けている。
また中心人公だけでなく、悪役から脇役まで品格の持ち味や仕込みが「ゼロ人の人間」として取り付け。その「人間」たちが織りなす談話が、どんどんその雰囲気にのめり込ませて貰える。
勢いがあったり、情熱が出たり、救われたり、ほっとしたり、泣けてきたり…。品格を「育て上げる」という視点で考え、お話しの中で動かせて出向く和田医師の戯画は、それぞれの品格が「人」としてのドラマを見せて貰える。
個人チックに衝撃的な形勢は、海槌(みづち)三兄妹の妹・亜悠巳(あゆみ)の止め。富への執着が激しく、そのためにはしかたを選ばず、富が全員と堂々と申し立てる悪役だ。素晴らしいのは、最後の最後まで一貫して「富」という立場を貫いているケース。大量のお札にかじりつき、まさに執念の群衆のようなしめを遂げる乙女性分はなかなかないないと思います。まさに、凄味のある悪役がいるからこそ、サキの義憤ややさしさが際立つのだと思います。
30年前の作品ですが、本日読んでも旦那たちゼロ人ゼロ人の生きざまに惹かれるケース間違いないでしょう。闇金の相談を無料でしてくれるところは?