デジモンアドベンチャーわれわれのウォーゲームという品物について触れてみたいと思います

目下デジモンが改めて映像化され、かなりトピックにもなりました。やり方もどっか爽やかものにひっくり返り、とても面白そうな力作だ。その過去、デジモン第1作品瞳の劇場編にこちらのウォーゲームという映像があり、観たことがあります。
実はデジモンはこういう映像よりも前にもゼロ作品映像が放映されており、こちらのウォーゲームは2作品瞳となります。こういう映像はPC上に突如として現れたウイルスが、業界の場合のコミュニティを支配して赴き、見識をデリートして赴き、業界の場合に様々な結果を加え、そのウイルスを亡ぼすべく、少年たちが起き上がるというお話だ。おしまい清掃ロケットを遠隔収拾で打ち上げるまで暴れ訪ねるウイルスですが、ロケットを阻止するまでのカウントダウンは、人間たぐい全ての重要がかかってあり、少年たちはそれを全力で厳禁しようと奮闘するのであります。こういう映像、メルヘンの描写がとても上手く描けていて、その戦闘シーンもとことんデジタルを指意識した組織は、必見です。緊張の面持ちで計測までの間とせり合う少年たちの熱い考えが伝わって来る単なる戯画映像ではない力作となっています。
またアイデンティティーのすさまじさも中央って、ビデオメソッドや作画も面倒綺麗なので見ものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です